投稿日:

債務整理にはちょっとした不都合もある

個人再生にはある程度の不利なことがあります。

一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に支払う費用が多かったなんて事例もあるのです。

また、このやり方は手続きの期間が長くなるため、減額が適用されるまでにたくさんの時間を要することが多いのです。

債務整理にはちょっとした不都合もあるのです。

利用してしまうとクレジットカードなど、お金を借りることができなくなります。

要するに、融資を受けられない事態となってしまい、キャッシュだけで買い物をすることになってしまうのです。

これはとても厄介なことです。

個人再生は裁判所を通して行う債務整理で借金の元本まで減らすことができますが、任意整理だと元本を減らすことはほぼほぼできないですね。

任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利の引き下げを行ったり、元金のみの返済に軽減してもらえるように依頼するという公共機関の裁判所を使わずに借金を減らす手段です。

おおよその場合、弁護士、司法書士が債務者と交代して相談し、毎月支払う額を減らすことで、借金を全て払える道筋がついてきます。

再和解といわれるものが債務整理にはあるのです。

再和解とは、任意整理をした後に、また交渉して和解することなのです。

これは可能な時と出来ない時がありますので、出来るか出来ないかは弁護士に相談した後に検討してください。

債務整理が済んだ後は、携帯料金が分割で支払えないようになります。

これは携帯の料金の分割ということが、お金を借りることに当てはまるからです。

ですから、携帯電話を買おうと思うのであれば、一括でお金を払って購入することになったりします。

銀行からお金を借りている状況においては、債務整理を行うとその銀行口座を凍結される可能性があります。

だから、先手を打って残金を手元においておいた方がいいです。

銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してそのお金を手放さないようにしてしまいます。

口座を凍結するなんて人でなしだと思うかもしれませんが、銀行側の視点としては、反論を受け付ける必要はないことです。

たとえ任意整理を行っても、たいしたデメリットなどないと思われる方もいると思いますが、実際はあることを知っていますでしょうか。

それは官報に載るということです。

つまりは、他人に知られてしまう可能性も十分にあるということです。

これこそが任意整理最大のデメリットだという風に言えるかもしれません。

債務を整理したことは、会社に内緒にしておきたいものです。

仕事場に連絡されることはないはずなので、見つかることはないでしょう。

ただし、債務整理の方法によっては、官報に掲載されてしまうケースもございますので、見ている方がいれば、気付かれる可能性もあります。

債務整理を弁護士、司法書士に任せるとき、忘れてならないのは着手金及び以後発生する費用のことです。

着手金の場合、平均して一社につき二万円くらいということです。

中には着手金0円を標榜する弁護士事務所も目にしますが、これは過払い金がある人だけが対象ですから、留意して委託してください。

債務整理をするやり方は、数々あります。

それらの中で最もすきっと終わるのは、一括で返済することです。

一括返済の場合の利点は、その債務をまとめて完済しますので、以後の繁雑な書類の処理等と返済等が必要ない点です。

理想的な返済方法であると言えます。