投稿日:

複数の金融機関からの借金で月々の返済が負担になる

複数の金融機関からの借金や2つ以上のカードローンをしていると毎月の返済が大きくなり暮らしの負担になってしまう場合があります。

そんな場合には、融資をすべてを集めて一本化することで月々の返済額をかなり減少することができるというおまとめローンがあります。

しかし、安定した収入がないとなかなか審査に通らないので、おまとめローンができないときは、任意整理など債務整理を検討した方が良いかもしれません。

 

銀行でローンを組んでいる場合は、債務整理を行うとその銀行口座をストップされることがあります。

だから、前もって残金を手元においておいた方がいいです。

銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行側としてみれば、そうあるべきことなのです。

 

債務をまとめると一言で言ってもたくさんの種類があります。

任意整理や特定調停、個人再生とか自己破産や過払い金の返済を求めるなど多彩です。

どれも毛色が違うので自分はどれをセレクトすればいいのかというのは専門家と協議をして決心するのがいいと思います。

 

まずは、債務調査票が必要になりますね。債権調査票とは、債務整理を行う際に、どこでお金をどれほど借りているのかを確実に分かるようにするための書類で示したものです。

お金を借りている会社に要請すると受け取れます。

ヤミ金の際は、もらえないこともありますけれど、そういう時には、書面を自分で用意すれば大丈夫です。

 

借金が多くなってしまって任意整理を行わなければならなくなった場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレカを作ろうと考えても、信用機関にその情報が残るため、審査を通過せず、しばらくはそういった行為を行えないのです。

借金癖がある人には、とても厳しい生活となるでしょう。

 

任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように依頼するという公共機関の裁判所を使わずに借りたお金を減額する手段です。

大部分の場合、弁護士、司法書士が債務者と交代して交渉し、毎月の支払額を減少させることで、完済というゴールがみえてきます。

 

債務整理に必要な金額というのは、手段によって大きく違ってきます。

任意整理みたいに、1社ずつ安い料金で利用可能な方法もあるのですが、自己破産のように、かなり高めの料金を必要とすることもあります。

自らかかるお金を確認することも大事ですね。

 

債務整理を経験した情報は、一定期間残ります。この情報が消えない間は、新たな借金ができません。

情報は何年か経過すれば消えますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で保持されています。