投稿日:

家族に内緒の借金が支払えなくなったら!

家族に言わずにお金を借りていた場合、支払えなくなってしまったら、債務の整理をするとバレるのではないかと躊躇ってしまいますよね。
ですが、多額の借金があって、もう返済することが無理になったら、そんなことも言ってられなくなります。

債務整理の方法によっては、家族に内緒でできることもありますが、いつバレるかヒヤヒヤするより、正直に打ち明けた方が良いのではないでしょうか。

家族に知れるのは仕方ないとしても、債務を整理したことは、職場には黙っておきたいものです。
職場に連絡されることはないので、見つかることはないでしょう。
しかし、個人再生や自己破産だと官報に載ってしまうので、見ている方がいれば、気付かれる場合もあります。まあ、一般人が官報を見るなんてことはないですけどね。

債務整理を行った後で、利用することができなくなってしまうことがあります。
債務整理をしてしまうと、それ以降、数年に渡って、借金ができなくなり、信用情報にも記載されてしまうのです。

利用したいと思った場合でも当分の間、待たないといけませんが、逆に借金できない方が良いと思いました。

さて、いよいよ債務整理をすると決めたら、弁護士に相談することになります。

債務整理時には、弁護士と話し合わなければならないことが莫大にありますから、弁護士の選び方は、話しやすいと感じる弁護士を選択すべきでしょう。

相談会などの機会に相談しやすい弁護士を選定するのもよいですし、周りの人から体験談を聞いて目安にしてみるのもいいかもしれません。

債務整理をする際に、お金をどこでどれほど借りているのかを確実に分かるようにするための紙に書いた債権調査票が必要になります。

明細書などがなくて分からないときは、お金を借りている会社に要請すると取引履歴を受け取ることができます。どこで借りているかは自分で把握していないと、整理漏れになることもありますね。

ヤミ金だと、取引履歴書の交付を受け付けないこともありますが、そういう時には、自分で書面を用意すればよいとのこと。

いずれにせよ、家族に内緒の借金が返せなくなったら、まず家族に打ち明けて、弁護士などの専門家に相談した方が良いですね。