投稿日:

債務整理をやったことは仕事場に内緒にしておきたい

債務整理というものをやったことは、仕事場に内緒にしておきたいものです。

勤め先に連絡されることはないはずですから、隠し続けることはできます。

でも、官報に載ってしまう場合もあるので、見ている人がいれば、気付かれる可能性もあります。

 

個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士にお任せするのが一番手早いでしょう。

弁護士にお任せすることで、ほとんど全部の手続きを受け持ってくれます。

その間に裁判所へ行ったり、債権者との交渉をする場合もありますが、難しいことは全て弁護士に頼ることができます。

 

私はお金を借りたせいで差し押さえされる可能性があったので財務整理をする事を決心しました。

債務の整理をしたらぐんと借金が減りますし、差し押さえを避けることになるからです。

家から近くの弁護士事務所で話を聞いていただきました。

家族のような気持ちになって相談させてもらいました。

 

債務整理をした友人からもその経過についてをききました。

月々がずっと楽になったそうですごく良かったそうです。

債務整理には短所も存在しますが、返済できなくなったら利用した方が良いですね。

 

自己破産とは、借金を返すことがもう絶対に、不可能だということを裁判所から認めてもらい、法律上で、借金を取り消してもらうことができるきまりです。

生きていくのに、必要最低限の財産以外は、何もかも、なくすことになります。

日本の国民である以上は、誰でも自己破産をすることができます。

 

債務整理には多少のデメリットもあるのです。

債務整理に陥るとクレジットカードなどの借り入れが困難になります。

つまり、お金を借り入れできない状態となり、キャッシュのみで買い物をすることになるのです。

これはとても厄介なことです。

 

個人再生をしようとしても、不認可となってしまうケースがあったりします。

個人再生をする時には、返済計画案の提出が必要となりますが、これが裁判所で認可されないと不認可としての扱いとなります。

もちろん、不認可となってしまえば、個人再生を行うのは無理です。

 

借金が返せないほど増えた場合に、借金をしている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、いくらなら払えるのか、返済する額を調整します。

これが任意整理ですが、任意整理の際に、銀行預金が、凍結されることがあります。

銀行に預金がある場合はそのお金は債権者のものとされてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。

再和解といわれるものが債務整理にはあるのです。

再和解というのは、任意整理後に、再び交渉して和解することなのです。

これは出来る時と不可能な時がありますので、可能かどうかは弁護士に相談をしてもらってから決めてください。

 

債務整理をした後は、携帯の分割払いが不可能なことになります。

これは携帯電話代の支払いを分割にすることが、お金を借りることに当てはまるためです。

ですから、携帯電話を買おうと思うのであれば、一括払いで買うようになるのです。