投稿日:

信用情報機関のブラックリストに載った場合どうなる?

裁判所を通さずに交渉し、合意成立してから、いくらお金を使う理由があるからといって、キャッシングを消費者金融などに申し込んだとしても、審査を受ける段階ではじかれてしまいます。

ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が削除されるまでには5~10年はそのままですので、その時間を待てばキャッシングが可能です。

借金を繰り返してしまって任意整理をしなければならなくなった場合、また、新たに借金をしようとしたり、カードを作りたいと思っても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査に通らず、数年ほどはそのようなことをできないということになるのです。

 

借金をすることが癖になった方には、かなり厳しめの生活になるでしょう。

複数の金融会社からの借り入れや複数のカードでお金を借りていると月々の返済額が大きくなり経済的な重荷になってしまう場合に債務整理をすることで、負債を全てまとめて一つに統合することで毎月の返済額を相当額減少することができるという大幅なメリットがあるといえます。

 

借金返済の目途が立たない場合、司法書士や弁護士に依頼し、裁判所や弁護士によって債務をなくしてもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理といった対処をしてもらいます。

任意整理という処置でも、自宅などを持ちつつ借金を返済する個人再生という選択肢があります。

借金総額が減額しますが、マイホームのローンなどはそのままですので、要注意です。

 

生活保護を受けているような人が債務整理を依頼することは一応出来ますが、利用する方法については限られていることが多いようです。

そもそも弁護士の方も依頼を断る可能性もあるので、実際に利用できるのかどうかを冷静に判断した上で、お願いしてください。

 

債務整理ができた後は、携帯の分割払いが不可能な状況となります。

これは携帯電話代の分割というものが、借金をする行為に当てはまるからです。

そんなわけで、携帯電話を買いたいのならば、一括でお金を払って買うことにするほかありません。

 

自己破産をする際、人生をやり直すためのわずかな必要経費以外は、すべて譲り渡すことになります。

自宅とか土地と言った資産の他に、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。

ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が了承すればローンを返済と並行して持ち続けることも可能になります。

 

債務整理と一言でいっても色々な方法があるものです。

個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返済を求めるなど色々です。

どれも性質が違っているため私にはどの選択がベストなのかということは専門家に相談して思い定めるのがいいでしょう。

 

任意整理をやっても、そんなにデメリットなどないと考えがちですが、実際のところはしっかりとあるのを知っていますか。

それは、ブラックリストに載ってしまうということです。

簡単に言うと、他人に知られてしまう可能性もあり得るのです。

これが任意整理のもっとも大きなデメリットだという風に言えるかもしれません。

 

債務整理を行ってから、住宅ローン申請をしてみるとどうなるかということですが、利用できなくなります。

債務整理をしてしまうと、今後、数年間は、信用情報にも記載されてブラックリストになってしまいます。

利用したいと思うのなら当分の間、待つことですね。